海外ではチップ

ホテルなどでサービスを受けたとき、そのスタッフにお礼の気持ちとして、お金を渡すのがチップです。
よく、外国の小説や映画などで出てくるので、日本でも一般的に知られています。
しかし、日本ではチップの習慣はありません。
日本のホテルなどで、スタッフにお金を渡したりしたら、逆に不審な目で見られる可能性もあります。
海外旅行に出た場合、海外のホテルを利用することになると思いますから、チップを渡すのも良いでしょう。
郷に入っては郷に従えといいますからね。
渡す金額は、少なすぎず、多すぎずが適しています。
少なすぎては、けちくささが出てしまいますし、多過ぎると、逆に不安を与えてしまいます。
そのホテルを利用する国、地域によって、チップの金額の多さは異なるので、事前に調べておくのがいいでしょう。
また、チップはポケットから、小銭を取り出して渡すのが作法なので、あらかじめポケットにいくらかの小銭を入れておくと、スムーズに渡すことができます。
具体的に、どのタイミングでチップを渡すかというと、何か直接スタッフからサービスを受けたときが望ましいでしょう。
荷物を運んできてくれたときや、ドアマンが交通手配をしてくれたとき、ルームサービスで食事を運んできてくれたときなどです。

    管理人のお薦めインフォメーション

  • 楽しい交流の中で素敵な出会いを見つける社会人サークルを神戸で探しているなら、誰でも平等にお話ができる環境を提供してくれるので、安心して新しい出会いを見つけることが出来ます。

ページトップへ戻る
Copyright(C) 旅行に行こう!! All Rights Reserved.